フリーゲームのすゝめ

昔、『TECH WIN』という雑誌(現在は休刊)がありました。

当時、1◯歳だった私は、毎月、雑誌を買って、
コンテストパークという企画のフリーゲームを片っ端から遊び尽くしていました。
『今の風を感じて』や『旋風仮面』など生まれた名作ゲームは数知れず。
当時の私は「新作はまだかええい早くしろ禁断症状に苦しんでいる子もいるんですよ!」
という病気を抱えて暮らしてました。

さて、フリーゲームでは「よくこんなの思いつくな!」という、斬新でおもしろいシステムが沢山あります。
たとえば、みんなRPGで「雑魚敵との戦闘がめんどい……」一回は感じたことがあると思います。
この問題について、あるゲームでは「いっそなくしちゃう!」と雑魚敵との戦闘が一切なかったり、
別のゲームではレベルの概念自体がなくなってたりしてました。

ゲームバランスは崩壊しないのだろうかと心配しそうですが、
ゲームに対する作者様の愛情からか、作りが丁寧でおもしろいのばかりです。
ちょっと変なシステムのゲームをやりたいなぁと思ったら、フリーゲームはオススメです。
(……「だいたい死ぬADV」とか、コンシューマゲームだと許してくれないんじゃなかろうか)


時は経ち、インターネットやパソコンが当たり前に普及したおかげで、
気軽に作ったゲームを発表できるし、作るツールも増えたし、気軽に遊べる環境も整いました。
仲間をあつめてみたり、やったゲームの感想を気軽につぶやいたいたりできる時代になりました。
(……などと書くと私がすごい歳くってるみたいですが、まだ8歳の小学生という可能性も……ないですねすみません)


というわけで、ここで唐突に布教です!
世の中には、まだまだおもしろいフリーゲームが沢山あります。
ホームページのLINKのページにフリーゲーム紹介サイトをいくつか載せておきました。

ぜひ、みなさまも「おもしろそう」と思ったゲームがあったら、
気軽にダウンロードして遊んでみてくださいね!